小学校は今日から二学期の給食スタートです。

  • 2017/08/29(火) 17:56:00

先週の金曜日に、二学期の始業式を迎え、今日からもう、給食&五時間授業が始まりました。

今までの夏休み…学園だったころは、7,8月の終わりに四日ずつとお盆休みが五日ほどあるだけで、後は登園していました。理由は、覚えたことを忘れてしまうから…
でも、小学校に入って、七月の終わりに二日ほどプールがある以外は、ずっとお休み(先生曰く35日)
 これはいけない!と、なるべくダラダラ感を無くそうと、週二でデイを入れたのですが…なんと8/10の夜から一週間、熱や下痢でダウン。
 その後も、長い療養だったので、リズムが崩れたのか、デイへ行くと昼過ぎに、37度越えの微熱を出して早退が二日…。
 結局、殆どデイには行けず、学園を一緒に卒園した仲間とプールへ行った以外は、ダラダラした夏休みになってしまいました。
 ただ、学校が始まり、久々に会った先生の感想は「とても落ち着いてて、なんか凄く成長したみたい」と…
 母親的には…そうかな???なのですが、一つ思い当たるとすれば、幼児期から、10時間以上寝たり、インフルエンザなどぐったりが長引く病気をすると、なんか何処かが1upするんです。
 眠る機会が多くなるので、その間に脳が色々整理や処理をするのか、ずっと出来なかった事が出来るようになったり、言う事が哲学的になったり…(笑)
  恐らくそれも特性の一つだと思うんですけど、学園の頃から、先生達も親も、その突然のレベルアップには驚かされました。

 ただし…とにかく本人は、超マイペースなので、それが続くと思うと、突然出来なくなる事もあって、学園の先生も、戸惑うことも多かったので、学校でも、いつ「あれれれ!!??」となるか…
 ただ、はるくんは、「あれれれ」といわれるのが、笑いのツボの一つなので、殆どの先生はその笑顔に負けて「まあいいか」になっちゃうみたいなんですけどね(;^_^A

 とにもかくにも、家より楽しい学校が始まって、また笑顔が戻ったはるくんです。

 ちなみに妹のひなは、今週の金曜が始業式で、来週からもう一日保育が始まります。
 また、静かな日常が戻り、密かにウハウハな母です(笑)
 

 

スポンサーサイト

明日から二泊三日でキャンプです

  • 2017/07/30(日) 17:45:04

子供達のプールや、イベントなどが終わり、いよいよ本格的な夏休み。
明日から、子供たちが待ちに待った、キャンプに行きます。
場所は、軽井沢スウィートグラス。愛犬のカリンも連れて、二泊三日で楽しんできます。
 このキャンプ場は、初めてキャンプをした思い出の場所で、その時は9月中旬にも関わらず、夜がとても冷え込み、当時4歳だったハル君は、風邪をひき、帰宅後熱を出してしまったという悲しい結果に…。
 そこで、今回は真夏にとって、リベンジとしたわけです。
 でも…梅雨明けしたはずなのに~…なんだか、スッキリしない天気で…(-_-;)

 天気予報も、滞在中ずっと曇りのち雨とか…
 でも、まぁ…とりあえず、子供たちが楽しみにしている、アスレチックとキャンプファイヤーに参加できれば、”良かったね”と帰ってこれるので、せめてその時間だけは天気に持ちこたえて貰いたいと、願う今日この頃です。

 明日は、キャンプ自体も2年ぶりで、子供達も以前よりぐっと成長していて、本人たちが心から楽しみにしての旅なので、沢山思い出を作ってこようと思います。

 

7年目の誕生日

  • 2017/07/06(木) 14:15:07

今日で、はるくんは7歳になりました。

朝から、「2016年は6歳の始まり。今日は、7歳の始まり。2016年は何処で6歳になった?」と絶口調(笑)

学園から小学校へ上がった事を言って欲しい様子だったので「2016年は学園だったね。今年は小学生になったね」と答えると「2016年は学園だったね」と、嬉しそうに返してきました。

 昨年…6歳の時は、学園の先生に言われて「そうだった」と、ほぼ無関心だった誕生日ですが、今年は小学生になった事もあるのか、7歳になった事を、本人がとても喜んでいるのを感じて、ちょっと感動しました。

まだ小学生になって3ヶ月なのに、もう、園児の面影は殆どなくて…しっかり小学生になっています。

 でも~色々緩い支援級w今日は、先生や同級生、デイでもお祝いを沢山言って貰って、ニコニコ帰ってくると思います。

 7歳!頑張れよー!(ノ´∀`*)

今日は開校記念日です。

  • 2017/06/16(金) 14:23:51

初の開校記念日です。
で…息子は、iPad三昧…ブロック三昧…子供部屋は、ぐちゃぐちゃ(-_-;)
 普段は、学校とデイで頑張ってもらってるので、そのまま好き放題させてあげてますが…
いつ片付けをうながそうかなぁ…

 ブロックって、踏むと痛いんだよね…

 来週…学園の保護者親睦会に呼ばれている。毎年この時期に、翌年度の卒園ママ達は、集まった後輩ママ達に、学校に上がってからの現状を報告して、食事をとりながら、就学に向けての情報を雑談しながら伝えるんだけど…その報告で今迷ってて…

 そんな母の気苦労は、全く伝わってないなぁ…
 ニヤニヤしながら、ペチャクチャと今日も絶好調です(笑)
  
 ちなみに今日のお休みを「学校のお誕生日」と教えてもらったそうです。
 まぁ、そんな日も、学校で先生たちは仕事をしていて、学校自体はお休みじゃないんですけどね(;^_^A
 今晩お風呂に入りながら、実は…と、教えようと思います。
 

色々と…順調です…

  • 2017/06/13(火) 21:54:00

小学校に入って二か月、市内の支援級の学習会後の食事会での交流を切っ掛けに、ふと考えました。

 はる君の道については、親の考えと出した答えで左右されるので、大切な決断の時はいつも緊張します。  就学先を決める昨年は、本当に迷いました。  
 でも、一番大きかった事は、学園(療育施設)に、三年間在園する事を選んだ事で、ギリギリまで当時担任の先生の、後押しやアドバイスを受けられたのが、とても大きかったです。
 
  はる君が、発達障害と分かって、ネットで、これからぶつかる事に関して色々調べてきました。  その情報には、良い事、悪い事、色々あって、それを頭に蓄積するので、自然と疑い深くなったり、勝手なイメージに縛られたりして、支援級は向いてないとずっと思っていました。
 でも…今は、そんな考えを持ってた事が、なんか恥ずかしい…

  見学に来た時、お世話になる気が余り無かったので、何を聞いたら良いか思いつかず、黙っていたところ、先生が自ら熱心に説明してくれて、息子の体験の時も、同じ名前の子がいるからと、呼び名を考えてくれて…それ以上に、校長先生と教頭先生が出迎えてくれて、場を離れる時には頭を下げてくれて…
 支援学校や他の支援級(ここは、印象最悪。息子の学校とは両極的です)とは、全然対応が違っていて…本当にびっくりしたなぁ…
 同じ市内の学校なのに、こんなに応対に違いがあって良いのかって思ったし。
 今もあっちの保護者は、「もう通学区外から来るな」と愚痴ってるらしいけど、うちの方は半数が通学区外から来てるので、誰も言わないし、皆親切。
 
 先生もね…あの時熱心に解説してくれた先生が、担任で…入学したその日に既に、息子の呼び名が決まってるという…(笑)
 子供の導き方が上手で、まだ入って二か月なのに「○○先生が一番好き」と息子はメロメロ。先生は、恐らく40代の男性なんですけどね(笑)
 もう、全然心配はしてなく、ここに就学して本当に良かった…つくづく思う毎日です。

 そういえば…明日は、初めてのプールだなぁ。初めての場所や事には、抵抗を見せるから、ちょっと最初が大変かも(笑)慣れてくると、潜水したがるし…
 連絡帳が楽しみです。( ´艸`)