急に就学先を悩んでしまってます

  • 2015/06/20(土) 19:09:15

 このところの、障害者に対する事件を見ていて、急に不安に駆り立てられてしまいました(;´д`)
はるくんは、まだ年中さんだけど、年長から幼稚園を考えたらという話も特に聞かれないので、学園を卒園する予定でいます。

 最近、公園に親子遠足に行った際のハプニングを思い出して、いろいろ考えていました。
 そのハプニングとは、公園に着いて、大好きな滑り台付き遊具を目にするまでは、放心状態で戸惑うばかり。
 遊具で遊び始めて数分で、滑り台の終点から地面にジャンプしようとして転び、左目下に擦り傷が出来てしまったのに、泣きもせず状況が理解できずにウロウロし、先生が気がついて慌てる姿に、焦りや失敗等色んな感情が溢れて、プチパニックになり号泣しました。 
 この時、顔に擦り傷なので痛いはずなのに、痛みより先生が慌てる姿に驚き、それが泣いた原因でした。
  乳幼児期から痛みに気が付くのが遅く、その間に状況の変化が生じると、痛みよりもそちらに気が向いてしまう子でしたが、
この時、痛い?と聞くと「痛くない」と言い、「もう帰る」と言い出しました。
 暫くして落ち着いて、また遊び始めたのですが、先生や私が「痛くない?」と訪ねても、痛くないというんです。

自分が転んだのを、直ぐに理解ができなくて、痛いを理解する前に、周りが慌ただしくなったことにショックを受けて、悲しくなって、落ち着いて、またゆっくり滑り台を遊び始めました。転んじゃって痛いという思考は、理解する前にほかの感情や状況に押し出されて、抜けちゃった様なんです。

 初めてのことに関して、直ぐに理解ができず、受け入れて馴染むまでにとても時間がかかるというのが一番の特徴で、更にその時間分、様々な思考が遅れてしまい、その間に何かが起こると、初めの出来事は、上書きされて消えてしまうようなんです。
 好きなこと、身についた事以外は、定着するまで見守り、くり返し教えないと、直ぐに抜け落ちて理解に繋がらないんです。

 好きなこと、身に付いたこと、自分にとって必要なことの記憶力はすごく良くて、観察力も凄いんですけど…

 それも、学園の生活に慣れて、余裕があるからなんですよね…
 
 これから先、その特徴が変わらないとしたら、変化が少なく、身につくまでじっくり教えてもらえる支援学校で、伸ばしていくのが良いのか…
 それとも、知能がボーダーまで回復したので、普通の小学校の教科を学習でき、健常の子供達とも触れ合いながら、社会性を学べる支援学級に行くほうが良いのか…

 本当に悩んでしまいます。
 通所施設を卒園する以上、普通学級という選択肢は無いのですが、支援級は、ひなちゃんが同じ学校の普通級に入学となる事を思うと、それも気がかりだったりします。
 お兄ちゃんが大好きで、違いを納得して入園しても、やっぱり同じ学校の支援級にお兄ちゃんが居ると言うのは、年齢が上がり、周りの友達も色々な感情が芽生えるに連れて、どんな事になるんだろうと思っちゃうんですよね。
 特に、学齢は年子なので…子供って、成長するたびに、感情の変化がありますから…

 はぁ…あと一年もあるのに…

 どうしようかなぁ…

 

スポンサーサイト

今日は父子通園です。

  • 2015/06/14(日) 11:21:57

今日は、はるくんの学園で日曜参観を行っています。
 行けないパパもいるので、お知らせには掲載しませんが、父子活動を目的とした行事になっています。

 普段、パパにはクールなハルくんですが、学園で他のママやパパが来ると、張り切る子なので、今日はテンション高々で、頑張ってるんじゃないかと思います

 そして、ママはその間、おうちでのんびり(笑)
 まぁでも、私は、ひなちゃんも愛犬もいるので、平日程は休めないんですけどね…
 一人っ子のママには、ゆっくりできる良い機会だと、好評です(^ー^)

 一年ぶりの、パパだらけの日に、どんな反応を見せるのか…💦帰宅が楽しみです(笑)

ミニ運動会終了

  • 2015/06/13(土) 15:03:11

午前中だけで行われた、幼稚園のミニ運動会を無事終えて帰ってきました。
一緒に行ったお兄ちゃんは、初めはキョロキョロ…でも滑り台が大好きなので、直ぐに馴染んだようです。
ただし、滑り台は禁止だったので、ひたすら小さなジャングルジムで誤魔化し誤魔化しで…(; ^ω^)

 主役のひなちゃんといえば、きちんと席で待ち、みんなとじゃれあったりしながら、楽しそう。
朝の準備運動も、パパと走る親子競技も…汗だくになりながら、がんばっていました。

 そして後半。
 保護者競技で、コロッケ称する、玉入れの玉の争奪戦(男女別)でパパママ交互に参戦。
その間は、お兄ちゃんは、汗だくで地面に暗号らしき物を書いていました(笑)

でも、お兄ちゃんも、ただ同行させられた感じですが、四時間もほぼ騒がず頑張りました。(^ω^)

しかし、幼稚園児のひなちゃんと学園のはるくんを見比べると、やっぱり違うなぁと…(;´д`)
思っちゃいけない、比べちゃいけないと思いながらも、健常の子と比べてしまって…
 でも、ひなちゃんが、幼稚園で頑張る姿をみて、ちょっと刺激になったようです…
 はるくんには大切なことなので、今日は連れて行ってよかったです(^-^)

 今日は、ひなちゃんもはるくんも頑張りました…ハナ丸です(笑)



ミニ運動会

  • 2015/06/13(土) 08:15:01

今日は、ひなちゃんの通う幼稚園で、午前中だけ行う、ミニ運動会があります♪
 障害物競争みたいな物(笑)やダンスがあるみたいです♪
 
 今日は初めて、お兄ちゃんも一緒にいきます♪

 初めての場所なので、どんな様子にになるかな…

 ちょっとドキドキです

キュウリ狩り

  • 2015/06/09(火) 22:42:38

5日に、幼稚園で沢山のキュウリをもらってきました。それも10本以上、あったんじゃなかろうか(笑)

 小さい幼稚園だけど、200強の園児が居て、皆がそれなりに持ち帰ったとすると…

凄い畑ですよね💦

それにしても、キュウリ狩りとは、面白いですw
 ちなみに、もう少しすると、お兄ちゃんも色々な夏野菜を貰ってきます。

 田舎の園児は、毎日楽しく、頑張っています
 

成長したな…

  • 2015/06/04(木) 01:32:12

昨年はいけなかった遠足に、今年は行ってきました。
楽しみにしていた私と違って、いつもと違う雰囲気に、集合した学園から息子は放心状態。
初めての事に対して、飲み込みと言うか、理解が遅いのが彼の特徴で、それは遠足先の公園に着いて、皆がワイワイしていても続き、小動物コーナーでモルモットを抱っこしての記念撮影も、誰が見てもガチガチの作り笑い(笑)

そして、ようやくアスレチックに着いて、エンジンがかかり、友達と滑り台で楽しく滑っていたと思いきや、ローラー滑り台なのに、ステンレスの滑り台と同じ感覚で終点から飛び降りようとして、滑って顔面から落っこちて、先生達が大慌てになり、一泣き…

ちなみに痛みに鈍感な所も特徴であるので、泣いたのは、痛みよりも先生達の介抱に戸惑って、悪いことをして怒られてると勘違いしての事です。(^^;;

でも、流石男の子で痛みに強いだけあって、10分程で復活!
めげずに滑り台を何度も滑ってました。

そして、今度は皆で記念写真を撮って、皆でお弁当を食べて、自由時間…

皆でシャボン玉をして遊んで、暫くして、先生が持参したボールで遊び出して数分後、今度は尻餅をドスン!
これがまた、運悪く、その周辺だけに、ビニール製の芝生保護のマットが引いてあって、また一泣き…
今度は、反応が早く、「もう、帰る(>_<)ハルト、先に帰ります!」「絶対、帰ります!」と涙拭き拭きだったのですが、先生に奥の遊具に、クラスの子が移動したと話してくれて、「行ってみる?良いの?」とちょっと機嫌が良くなって、遊具に着くと、お友達が沢山遊んでいて、直ぐに皆でワイワイ始まりました(笑)

いやー子供って、凄いですよね(^^;;

私なら、顔の痛みが気になって、ベンチで凹んでしまいます。。

っというわけで、アクシデント多発の色々な意味で、思い出の遠足となりました。

今のハル君が、自閉症なのか兆候の侭なのかは、分かりませんけど、余計な思考が無い分、素直で真っ直ぐで、良い子だと思う、今日この頃ですw