手足口病と予行練習

  • 2015/09/30(水) 00:17:10

ひなちゃんは突発性湿疹、はるくんは手足口病でした。
 ひなちゃんは、月曜日に復活登園して、はるくんは、一日で熱が下がり、同じく月曜日に登園したのですが、一時間後に、発疹が出たと呼び出されて早退、そのまま病院へ直行しました。
 結果、手足口病発症…(ー_ー;)

 でも、手足口病って、登園しても良いそうで、本日普通に登園して、運動会の予行に参加する事が出来ました。

 健常の子と違うから、より練習をというか、流れを覚えないと着いていけなくなって、着いていけなければ、それはそれで悔しくてパニックを起こすので、予行練習は大切何ですよね(*_*;

 そんな、ハルくんの運動会は今度の日曜。幸い今回の手足口病は軽くて、運動会は無事楽しめそうですw

 

スポンサーサイト

ダブルで病気になる

  • 2015/09/25(金) 21:07:11

ひなが、先週の火曜から、熱と発疹を発症。そして、今朝ハルが38.8の熱をだして、今日は兄妹揃って、休園しました。
 はる何か、先々週に高熱で1週間休んだばかりなのに、おまけに昨日は元気で登園して帰ってきてるので、先生は電話の向こうでびっくり…
私だって、びっくりですわ…(ー_ー;)

 でも、3歳の頃…学園に行くまでは、夏だからと、頭からヒンヤリシャワーをかけただけでも、その晩に熱を出すような子でね…
 気候の変化と言うか、気温の変化と言うか、弱いんですよね…体感の変化に(-""-;)

 ひなはひなで、アトピーもあって、熱を出すと、直ぐにブツブツ出てくるし…
掻くから、トビヒ状態にもなって、皮膚が汚くなって、大変で(;´д`)

 来週は、運動会の予行もあるので、登園できることを、心底願います(=_=)

 

 

花火大会へ行きました♪

  • 2015/09/23(水) 23:42:09

シルバーウィーク二日目の日曜日に、市の花火大会に行ってきました。行こうと話が出てから二週間ほど、子供達はずーと楽しみにしていて、お祭りにも行ったことがない二人にとって、初めてお祭り気分を味わう時となりました。

 ただ、場所取りもあって、出発は開始三時間前、駐車場は一キロ弱離れてて…と、大人はため息が出るような道のりを、小さい体で花火のために一生懸命、頑張りました。
 
 会場に着くと、早いこともあって、場所はまだまだ取り放題。
 テントで使う起毛のインナーマットを持参したので、広目な起毛シートの快適な席を確保。
 そして、ママの妹と母も一緒に行ったので、露天でかき氷を買ったり、お菓子を持参してくれていたりで、長いと思っていた三時間はあっという間に経ち、子供達はニコニコのまま、花火が始まりました。

 初めて聞く打ち上げの音に、ビビるかと心配していたけど、二人ともへっちゃらで、夜空に広がる花火を眺めていました。
 
 特に音楽に合わせて上げた、音楽スターマインは、ずーと見上げたままで、時折「凄いねー」っと、二人共に喜んでいました。(*´ω`*)
 
 長い時間だったけど、始めてみた花火はとても良かった様子で、帰りも抱っこをせがむ事もなく、二人共に、また頑張って駐車場まで歩いて、帰路につきました。

 シルバーウィークは、遠出は出来なかったけど、良い思いでは作れたかな❓
(^-^;
 ちなみにこの日、パパは夜勤明けだったの
お家でお留守番でした(;´д`)
 次は、家族揃って行けると良いな(*´∀`)


 
 

二学期が始まり…

  • 2015/09/19(土) 18:29:48

九月から学園も二学期になりました。
療育も製作は、きのこやどんぐりの絵を書いたり、切り絵をしたり、運動系は10月初めの運動会に向けて練習を一生懸命頑張ってます。
 年中になって、時折先生に「年長は?」と聞かれます。
 そして、中には年長から幼稚園を希望するママの話も聞きます。

 はるくんは、言葉も色々覚えて、一方通行やオウム返しも多いですが、大人との会話も出来るようになってきました。
一見、幼稚園に行けそうな感じになってきた様にみえます。
  でも、これは慣れている学園と知ってる人相手だから…
 
 知らない人は空気です。迷子になって名前を聞かれても、自分を落ち着かせる呪文ばかり唱えて、会話は成り立ちません。
同じ年の見知らぬ子も興味がありません。怒られる、失敗する、納得がいかないとパニックで泣き叫びます。
 自分の思った事を何でも口に出してしまい、失敗した子や行動が遅いお友達を見て「ああ、もうおしまいだね…時間切れです」等、口にして私や先生に怒られます。でも、その時は泣き泣き謝るけど、教室に戻ればまた思い出して口にします。

 ひなちゃんが幼稚園に行くようになって、一緒に幼稚園に行く機会もあるのですが、全く興味がなく、地面に文字を書いたり、ただウロウロしたりしています。

 こんな姿を見ていると、やっぱり健常の子とは違うんですよね。
 
 ただ、コミュニケーションで大切な、謝るや欲しい時は頼むは、今までしなかったけど、ひなちゃんに教え込まれています。
 凄いんですよね。我が家は本当に良く出来てるなぁ…と思うのは、ひなちゃんが3歳5ヶ月の割に、コミュニケーション能力が高くて、兄妹の関わりの中で色々大切な事を教えているんです。
 お兄ちゃんに叩かれると「ちょっとーお兄ちゃん、ごめんなさいは?」
欲しい物がお兄ちゃんの手元にある時は、「お兄ちゃん、貸して」

 などなど…

 二学期になり、ひなちゃんの方は、お友達が牛乳をこぼすと、自分のタオルを貸したりするそうです。
 私一人ではイライラして、教え忘れしまう大切な事を、ひなちゃんが戯れ合いながら、そっと教えてくれていて、はるくんも妹だから素直に聞いて、吸収している様子を見ると、ちょっとうるうるします。

 ただ…これも、お兄ちゃんが住み慣れた家だから、素直なんですよね…
 
 お兄ちゃんは、集団では頭が混乱するだけで、折角の笑顔が消えてしまうとおもいます。
 
 二学期も、ひなちゃんは、幼稚園でわいわい過ごし、お兄ちゃんは慣れた学園でニコニコ過ごします。
 
そしてママも…幼稚園はほどほどに、学園とは、密に?過ごします(笑)