2015が終わります…

  • 2015/12/31(木) 01:45:28

今年も色々ありました。

中でも一番の出来事は、ひなちゃんの幼稚園入園でした。

3歳と6日で門を潜り、6月前にはオムツが外れ、自分でお着替えもできるようになりました。

最初に生まれたお兄ちゃんが、発達障害で色々遅れているため、健常の3歳は、何処まで出来るものなのか、どれだけ理解をしているのか、殆どの分からずだったので、(早かったかな…)と、トイトレで先生が苦戦してるのを知ったとき等思うときもありましたが、今では、口が達者で、世話好きで、お笑いタレントとアイドルとプリキュアをこよなく愛す、他の子と一歳差なて忘れちゃうくらい、立派に成長しました。

また、積極的にお兄ちゃんの世話を焼いたり、遊びに誘ったりしてくれて、お兄ちゃんも刺激を受けて本当に口が達者になり、色々出来るようになって、今では頼もしく、道標にもなっています。

早い段階で、社会に出した事は 

今は正解だったと自負しています。(;´∀`)

来年は、年長さんになり、就学活動が始まるお兄ちゃんが主役になります。

 はるくんもひなちゃんも、来年一年、もっと成長できるように頑張ろうね🎵

スポンサーサイト

お遊戯会が終わりました。

  • 2015/12/14(月) 17:40:33

12日に無事、幼稚園のお遊戯会が終わりました。

3歳と6日で幼稚園に入園したひなちゃん。背の順は3番目だったけど、歳は一番下で不安もありましたが、入園2ヶ月でオムツが外れ、お箸でご飯も食べられるようになって、今ではスッカリ、ダンスと可愛いものが大好きな、女の子になって、赤ちゃんというと怒るほどになりました。

 お遊戯会は、2ヶ月掛けて先生と一緒に練習をするけど、本番では、先生のダンスリードもなく、音に合わせて自分達だけで踊るという、凄いことをする日です。

3歳~4歳の小さな子が、自信満々で曲にぴったり合わせて、お尻をフリフリ、手を振り、天を仰ぎ、最後は大きな声で観客にご挨拶…

感動の一言でした。・゜・(つД`)・゜・

言葉も一丁前になって、生意気になってきましたが、世話好きで、お兄ちゃんの道標にもなってくれている所もあり、実に心強い妹へと成長してくれています。

思いきって、幼稚園に入れて良かったと思う、この頃です。

お兄ちゃんはというと、先週から高熱と酷い咳で先週一週間と今日もお休みで、今週の木曜日にクリスマス会があるので、それまでに良くなるように、ギリギリの水曜日まで療養をします。

 学園のクリスマス会は父兄は殆ど来ないのですが、幼稚園同様、一生懸命練習した劇を子供達が披露します。

 その他にも、ママ達も出し物や先生の出し物、サンタクロースの訪問とプレゼントの贈呈などのお楽しみ会になっています。

こちらは、ママの私も参加なので、全く違った思い入れがあるイベントとなっていて、出られないと私もガッカリなので、はるくんには本当に早く良くなって欲しいです(ノ_<。)

おにいちゃーん、頑張って復帰してーーーーo(T□T)o

風邪を引きました

  • 2015/12/07(月) 01:20:35

今月2日、お遊戯会の衣装を来ての写真撮影に、微熱ながら挑んだひなちゃんですが、やはり次の日に高熱を出しました。

前の日に熱を出して、幼稚園に私だけで届け物をしに行った時に、衣装係の私は、ひなちゃんはばぁばに看ててもらって、一人で撮影に参加するつもりでした。

 でも、先生いわく、一生に一度の事なので、少しの熱なら、多少無理しても参加する子が多いとの事。

 そうかぁ…と帰って悩みました(*_*)

でも、当人も、仲良しの友達に会えず、幼稚園が大好きなので、話すと行く気満々で、私も一緒に行くし行くかと、満を喫して挑みました。

でも、祟りすぎてしまった(-_-;)

それから昨日までずっと38~37後半を行ったり来たりで、咳もゴホゴホ…

辛い風邪になってしまって、申し訳ないです(泣)

 ただ、当人ももう幼稚園に行きたくて仕方なくて…

明日は行けると良いな…

ちなみに、同じ部屋で寝ているので、お兄ちゃんもゴホゴホ出て来ています。

今週はお兄ちゃんが…嫌な予感ですε=( ̄。 ̄ )

今年度最後のイベント月

  • 2015/12/02(水) 18:43:21

12月になりました。
学園や幼稚園も年度最後ともいえる行事が動いています。
学園はクリスマス会…基本は母子と職員が出し物を披露するイベントで、みんなこの日の為に、歌や劇、ダンスの練習をして披露します。そして、サンタさんからプレゼントを貰い、母子揃って教室でお昼を食べて、帰ります。

 はる君は、「てぶくろ」という劇で、ぴょんぴょんカエルという役をするのですが、先月の母子通園で初めての通し稽古を見たところ、ねずみさんの子に「あなたはだーれ?」と、カエルの役の子みんなで言う所で、先生たちもフォローして一緒に言うのですが、はる君は一人だけ「カエル」と自分の役を答えて、「それも合ってるけどね、今日はねずみさんに聞くんだよ」と先生とママたちは大爆笑(笑)
こういう天然なボケも出て、終始楽しいのが学園のクリスマス会です。

 そして幼稚園はお遊戯会!どこの幼稚園でもある、子供達の一番可愛い?姿を見られる運動会に次ぐ園児の大イベントです。
私はこのお遊戯会の衣装係で、娘を入れて4人の女子を担当で、今日は衣装合わせも兼ねた集まりがあったのですが、フリフリワンピでとても可愛くて、ニコニコしちゃいました。
 ちなみに男子は、クレ○ン○んちゃんの格好をしていて、こちらも可愛かったです。
 こちらは集団ですから、みんなフォローなしで覚えたものを披露するわけで、小さい年少さんは大変ですが、衣装を着ると踊りだすほど皆ノリノリでした。

 練習は沢山してるとはいえ、一人の先生の指示で14人の子が、曲に合わせてバッチリ踊れちゃうのを見ると、やっぱり親から離れた集団での生活ってすごいなぁと感心しました。
 学園に通うお兄ちゃんは、年少さんの今頃は一週間に一度母子と一緒で、まだやっと単語が出てきて、体操の時間もすぐ脱走するので、ぴったり先生が着いていたので、余計に感じてしまうのかもしれません。

 でも、そんなはる君も、今では余計な事まで口に出して、怒られたり、体操の時間もノリノリで大人の笑いを誘ったり、学園のムードメーカーになってる様で、学園の先生達への感動と感謝は絶えず、頭が下がりっぱなしです(;´Д`)

学園は、私の気持ちも変えてくれたしにゃ…(=^・・^=)

 このイベントが終われば、後は大きなイベントはないので、お兄ちゃんのクリスマス会、ひなちゃんのお遊戯会は園生活での成長の確認の場でもあるので、本当にとても楽しみです。

 あなた達の成長を、じっくり見守りますぞ!ヽ(≧∀≦)ノ