初の家庭訪問と市内学習会

  • 2017/06/11(日) 00:11:33

何とか無事に、家庭訪問を終えました。はる自身は、デイに行って貰い、ゆっくり話すことが出来ると思いきや…家に上がって早々、愛犬に声を掛けてくれた事で、愛犬がハウスから出せとワンワン(;´д`)

一見番犬してる様ですが、実に私に向かって吠えてるので、明らかに先生とスキンシップを図りたい吠え何です。

 その説明に、先生は、別に出しても…と言ってくれたけど、我が家の愛犬は中型でそこそこ大きいし、とにかく嬉しくてあらゆる事をするし、先生、毛だらけになっちゃいますし…

その結果、愛車も毛だらけになりますし…(苦笑)

思わず「イヤイヤイヤイヤ…ダメですよーー」と(笑)

  そして、5分置きに、ワンワン泣くのを「ステイ」「うるさいー聞こえないでしょ💢」と注意しながら、先生と、学校や家での様子や今後の指導の仕方、書いていただいた計画プランの確認をして無事学校の事を話終え、最後に先生から「運動会で妹さんに会ってなくて」と言われ、後10分程で帰ってくると伝えると、待っていてくれました。

 でも、こちらの予想に反して、先生に声を掛けられた娘はガッチガチ(笑)

挨拶や声掛けへの返事も、小さい声で拍子抜け(笑)

先生が帰った後、娘に、どうしたのか聞くと、「女の先生かと思ったから、男の先生で恥ずかしかった」のだそうです。

年長さんになると…大人なんですね(^ー^;A

  そんな日の次の日は、市の体育館で、市内の支援級の子供達が集まってレクをする、合同学習会が行われました。

子供は、学校からバスで向かい、親は集合時間に集まる形で、終盤の親子ダンス迄は、先生と子供達のレクを見学し、終盤のダンスを終えて尾屋は解散。子供達は、そのまま皆でお弁当を食べて、またバスで帰るという流れでした。

 子供達は楽しそうで、親の私も、一時期ながら学園に通っていた事のあるママにも、久々に会えて話をしたり、とても楽しかったです。

 改めて…今の学校の支援級にして、良かったと思った、二日間でしたw

スポンサーサイト