明日は、初キャンプだよ♪

  • 2014/09/19(金) 21:46:15

我が家は、夏休みには特に遠出はせず、ずらして旅行などを計画することが多く、今年は、言葉数も増えて、お兄ちゃんらしくなったハルくんと、口が達者で生意気な(笑)二歳五ヶ月のひなちゃん、そして半年になるボーダーコリーの花梨、更に独身時代に子犬から育てて、結婚後、実家にあずけている愛犬の趙雲と、軽井沢へキャンプに行くことにしました。

 趙雲に至っては、一ヶ月半から四歳まで一緒にいて、今年で9歳…もう、実家のほうが長いのに、脱走すると我が家の庭に来て、一緒に我が家に帰ろうと玄関で待ったり、中に入れば嬉しくて走り回ったり、なに気にずっと私の愛犬という事を忘れていなくて…
 実は家も、彼等を迎えるつもりで、床は愛犬向けの床材にして、住む場所も消臭壁紙のスペースを作ったんです。
でも…
 彼等と書きましたが、実はもう一匹、里親会から向かい入れた、老パピヨンの蜜柑という子がいて、こちらがまぁ…お局で(笑)
引き取るなら、二匹一緒じゃないとという気持ちもあり、この子が子供が苦手なこともありで、結局引き取れずにいたわけです。

 趙雲といえば。この間尻に敷かれっぱなしで…年々立場が弱くなり…
でも、蜜柑は元々ブリーダーで子供を産んでいた子なので、粗相は滅多にしない。散歩の時や車椅子などと一緒でも、速度を合わせ歩く、何処を触っても気持ちよさそう等人当たりはいいのです。

 それに比べて趙雲は、遠くで鳴る雷にすら、ちびる(笑)触られると暴れる、散歩は引っ張る…

 っで、両親が年金生活な事もあり、まだふたりの妹が同居をし、戻ってきた姉と姪もいる…
賑やかで、何かあれば家族がいるのは心強い…でも…負担も増して…

 と考えて、花梨の購入の条件に、主人に「趙雲を引き取ります」と決心しました。
 実際のところ、最近は、二匹で家の庭に来たとき、中に入ろうとするのは、趙雲だけで、私が可哀想と思っているほど、蜜柑は私に執着がないんです。

 多分、お互い、やれやれ煩いのがいなくなったと、喜ぶんじゃないかと思います。
ただ、花梨がまた娘なので…趙雲おじさんは、ちょっと隠居は出来そうにないのですが…(*^_^*)

 そんなわけで、趙雲の話が長くなってしまいましたが、明日、四人と二匹でキャンプに行きます。
 キャンプも初めて、このメンバーも初めてで、どうなるかはまだ、わかりませんが、頑張って行って来ようと思います♪




 
 
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する