成長したな…

  • 2015/06/04(木) 01:32:12

昨年はいけなかった遠足に、今年は行ってきました。
楽しみにしていた私と違って、いつもと違う雰囲気に、集合した学園から息子は放心状態。
初めての事に対して、飲み込みと言うか、理解が遅いのが彼の特徴で、それは遠足先の公園に着いて、皆がワイワイしていても続き、小動物コーナーでモルモットを抱っこしての記念撮影も、誰が見てもガチガチの作り笑い(笑)

そして、ようやくアスレチックに着いて、エンジンがかかり、友達と滑り台で楽しく滑っていたと思いきや、ローラー滑り台なのに、ステンレスの滑り台と同じ感覚で終点から飛び降りようとして、滑って顔面から落っこちて、先生達が大慌てになり、一泣き…

ちなみに痛みに鈍感な所も特徴であるので、泣いたのは、痛みよりも先生達の介抱に戸惑って、悪いことをして怒られてると勘違いしての事です。(^^;;

でも、流石男の子で痛みに強いだけあって、10分程で復活!
めげずに滑り台を何度も滑ってました。

そして、今度は皆で記念写真を撮って、皆でお弁当を食べて、自由時間…

皆でシャボン玉をして遊んで、暫くして、先生が持参したボールで遊び出して数分後、今度は尻餅をドスン!
これがまた、運悪く、その周辺だけに、ビニール製の芝生保護のマットが引いてあって、また一泣き…
今度は、反応が早く、「もう、帰る(>_<)ハルト、先に帰ります!」「絶対、帰ります!」と涙拭き拭きだったのですが、先生に奥の遊具に、クラスの子が移動したと話してくれて、「行ってみる?良いの?」とちょっと機嫌が良くなって、遊具に着くと、お友達が沢山遊んでいて、直ぐに皆でワイワイ始まりました(笑)

いやー子供って、凄いですよね(^^;;

私なら、顔の痛みが気になって、ベンチで凹んでしまいます。。

っというわけで、アクシデント多発の色々な意味で、思い出の遠足となりました。

今のハル君が、自閉症なのか兆候の侭なのかは、分かりませんけど、余計な思考が無い分、素直で真っ直ぐで、良い子だと思う、今日この頃ですw

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する