医療センターへの通院に一区切り

  • 2016/07/06(水) 12:05:24

先週は、陽翔ウィークとも言える一週間で、4日は医療センターで就学前検査の結果を聞きに…5日は、小学校の支援級の見学に…7日は学園の保護者公開日で、8日は、学園の父母会の夏祭り係りの集まり…と…盛りだくさんでした

 その内、小児医療センターの発達外来が、「就学前まで」と言うことで、今回の通院で取り敢えず終了となりました。取り敢えずなのは、先生に「就学してからの様子もみたいので、何時でも良いから就学したら来て下さい」と言われたので…(^_^;)

初診が3歳9ヶ月だったかな…半年毎でしたが、長いような短いようなでした。

ちなみに検査結果は、WPPSIによる検査だったのですが、グラフはガタガタ(-_-;)

言語55、動作89、全検査66で、健常の子供の数値と照らし合わせると、3歳半の知能だそう。ちょっとショックでした。

でも今週の12日に、学園で言語相談があって、その際に言語系の検査をしてくれてたのですが、そこでは4歳程度の理解力かな?ということでした。

 

そして、覚える力はあるので、情緒級で特性をみながら学習するのが良いということで、来月の5日に、就学相談がありますが、私の思いとしては、今回の学校より前に見学した、市の中心にある学校の情緒級を希望して、夏休み明けに、学習体験をお願いしようと思っています。    

今回行った学校には、学園を卒園した子が通っているのを知っていて、見学前は心強い気もして「希望」を持って臨んだのですが、実はもう、国の規定の定員にギリギリな上に、6年生がいないらしいんです。  

おまけに、先生たちが年配の女の先生3名だったのですが、就学中はともかく休み時間になっても、支援課の担当の方も含めて、先の見学と違いほぼ無視状態…。 私の心中は「はぁ?なんだこの、態度の違いは…(゚Д゚;)」っと、ストレスが湧き出るx2  

ありえません。

 受け入れに消極的なら、ハッキリ断わってくれて結構…##

 

っと、先週は格闘し(笑)、今週は10日に、はるさんの髪形を、床屋さんでソフトモヒカンしてもらい、夜には6歳の誕生パーティーをして、一足先に心機一転をするよう注入しました。w     

学校見学、幼児期の発達外来の通院が終わり、就学への下準備が整いました。  

これから来月の就学相談を機に、いよいよ本格的に来年度の準備が始まります。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する