第一回就学相談…

  • 2016/08/10(水) 17:57:38

いよいよ動き出した、就学活動。何を言われるか、どんな感じなんか、周りのママに聞いても、あまりよくわからないまま(;^ω^)受けてきましたが、内容は他の場所でも良く聞かれた「普段のようす」&「気になってること」&「就学先への気持ち」…
私の中でメインの就学先の相談で、支援級、特に情緒級へ行きたいので、情緒級のある学区外の街中の学校を考えてると、素直に伝えました。
 学区内の学校も、支援級はあるのですが、こちらは知的学級で人数も少なく、出来れば学園の雰囲気の残る、適度な人数と得意な科目を伸ばしてくれるクラスが良くて…とも伝えました。
 でも、帰ってきたのは「学区の支援級も見学に行ってほしい。今、支援級に力を入れてるので、情緒クラスが望みなら、○○小学校にも作ることもできる」
 翌年、年子で妹が入学するので、それも考慮した上で、○○小学校じゃなく、街中の方にしたいと伝えると、「確か兄弟が支援級と普通級にいた気がする」と…おまけに、私は夏休みが明けたら、街中の希望してる二校に、はるくんの体験入学をお願いしようと思っていて、はるくんと在校の子供たちの、交流や接し方の様子を見たかったので、休み明けに体験を考えてると伝えると「三学期で大丈夫よ」

 嘘だよ----###
10月から11月に掛けて、就学前健康診断があるのに、その後って…迷っているから、答えを出すために、実際に子供に体験させて、子供に良い方を選びたいのに…この先生、他人事だ…悔しい、こっちの考えを流して、学区内へどうやって引き込もうか考えてるだろう###
 
 そんなモヤモヤを抱えて、相談会は終わりました。
 でも、そこに日の光が…(笑)
 はるくんは別室で、手遊びや色々な事をしながら、様子をチェックされていたようなのですが、迎えに行くと…

「あれ?先生!」

 なんと学園で担任の先生が、相談員の札を下げて一緒にいるじゃないですか( ´艸`)
 もうその瞬間に、心の中で(次の母子通園で、今の相談員に言われた事を先生に相談しよ!)と…誓ったのでした(笑)

 帰り道…なにか相談事以外で、担当だった相談員を見たことがある気がして、それも引っかかっていたのですが、ふと思い出しました。それは、学園で5月に行われた就学説明会で、通所や支援級の説明をしていた方で、うちの学区の小学校にある通所の先生だったのです。
 普通に考えたら、学区内の先生に、他に行きたいと聞いても、そりゃ面白くないし、何とか対応も考えるからって言うわな…(~_~;)
 
 でも、折れるつもりはありません。
 家では今既に、機嫌を損ねると突然襲い掛かられたりして泣かされても、それを切っ掛けに、「痛い事したら、謝るんでしょ!謝って!」等、良いことと行けない事を教えたりと、妹ながら、とてもお兄ちゃんの世話を焼いているので、一緒の学校に入れたら、気になってしょうがないと思うし、お兄は空気が読めない子なので、成長するにつれて、女の子は荷が重くなってくると思うんです。
 幼稚園の友達で、同じ学校に行く子もいるので、その子たちとはずっと仲良しで居てほしいし…中学年辺りから、女の子って難しくなりますし。
 はるくんもそう。
 今既に、自分は学園で、妹は幼稚園という、別々の場所に登園している状況なので、兄妹ともに、同じ学校じゃない事も、既に受け入れています。
 
 大変なのは、街中まで6年間車で送る私だけというわけなのです(笑)

 ちなみに、はるくんは、小学校へ行くのを、とても楽しみだそうです。
 彼の気持ちに答えられるように、色々、じっくり対策を考えたいとおもいます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する