色々と…順調です…

  • 2017/06/13(火) 21:54:00

小学校に入って二か月、市内の支援級の学習会後の食事会での交流を切っ掛けに、ふと考えました。

 はる君の道については、親の考えと出した答えで左右されるので、大切な決断の時はいつも緊張します。  就学先を決める昨年は、本当に迷いました。  
 でも、一番大きかった事は、学園(療育施設)に、三年間在園する事を選んだ事で、ギリギリまで当時担任の先生の、後押しやアドバイスを受けられたのが、とても大きかったです。
 
  はる君が、発達障害と分かって、ネットで、これからぶつかる事に関して色々調べてきました。  その情報には、良い事、悪い事、色々あって、それを頭に蓄積するので、自然と疑い深くなったり、勝手なイメージに縛られたりして、支援級は向いてないとずっと思っていました。
 でも…今は、そんな考えを持ってた事が、なんか恥ずかしい…

  見学に来た時、お世話になる気が余り無かったので、何を聞いたら良いか思いつかず、黙っていたところ、先生が自ら熱心に説明してくれて、息子の体験の時も、同じ名前の子がいるからと、呼び名を考えてくれて…それ以上に、校長先生と教頭先生が出迎えてくれて、場を離れる時には頭を下げてくれて…
 支援学校や他の支援級(ここは、印象最悪。息子の学校とは両極的です)とは、全然対応が違っていて…本当にびっくりしたなぁ…
 同じ市内の学校なのに、こんなに応対に違いがあって良いのかって思ったし。
 今もあっちの保護者は、「もう通学区外から来るな」と愚痴ってるらしいけど、うちの方は半数が通学区外から来てるので、誰も言わないし、皆親切。
 
 先生もね…あの時熱心に解説してくれた先生が、担任で…入学したその日に既に、息子の呼び名が決まってるという…(笑)
 子供の導き方が上手で、まだ入って二か月なのに「○○先生が一番好き」と息子はメロメロ。先生は、恐らく40代の男性なんですけどね(笑)
 もう、全然心配はしてなく、ここに就学して本当に良かった…つくづく思う毎日です。

 そういえば…明日は、初めてのプールだなぁ。初めての場所や事には、抵抗を見せるから、ちょっと最初が大変かも(笑)慣れてくると、潜水したがるし…
 連絡帳が楽しみです。( ´艸`)
 
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する